葬儀をするためのホールとはなんでしょうか。

葬儀をするためのホールとはなんでしょうか。

葬儀をするためのホールとはなんでしょうか。そういうことを思うことがあります。
葬儀をするときには、以前は菩提寺でということが普通でした。
誰にも自分の先祖代々続く菩提寺がありました。
それは、脈々と受け継がれてきました。
でも、昨今、核家族化の波がそういう状況を少しずつ変えてきたと思います。
子供はある年齢になると親元を離れて別の場所で暮らすようになります。
昔は兄弟も多く長男が実家を守ることが普通でした。
でも、今は兄弟も少なく、親もそれを望まなくなりました。
そうなると、みなは別々に暮らすということになります。
自分の生まれ育った場所から離れて暮らすということは先祖代々のものから離れるということを意味します。
そうなってくると、菩提寺も当然ながら近くにはありません。葬儀を行うといっても近くに知っている場所が見つからないということになるんですね。では、どうするのか。それは葬儀社に葬儀を依頼するというかたちになるんですね。

それが、現代社会の普通のかたちになりつつありますね。それがいいとか悪いということではなく、そういう流れになってきているということなんですね。では、そういう時に実際にどのような流れで、ホール選びをすればいいんでしょうか。それはなかなか難しい問題だと思いますね。人にはいろいろな考えがありますからね。どれがいいということは、人が決めることではないと思います。
それは自分と家族がしっかりと考えたうえで導き出すことではないかと思います。
自分のことは自分で決めるということが、ここでも必要なのではないでしょうか。自分やその家族のことですからね。人任せにするのではなく、自分でどうするのかを考えておくことが大事だと思います。
そうでないとなかなか決められないということになるのではないかと思いますね。そうならないために自分自身で、葬儀をどうするのかということについて考えておくということを普段からしておく必要があるのではないでしょうか。